ベッドについての基礎知識

ベッドには、サイズやマットレスなどに様々な種類があります。まずは、ベッドのサイズについてです。サイズには、シングルやセミダブルの他にも、ミニやスモール、ロングなどもあります。そのため、自分の身体のサイズに合ったものを選ぶことが重要です。次は、形状や機能についてです。ベッドに横たわった時に、頭の前方にヘッドボードと呼ばれる板や棚が取り付けられたタイプのものがあります。板のデザインには、直線的でシンプルなものや、曲線のあるもの、格子状のものなど、様々なデザインの板があります。棚の付いたヘッドボードは、携帯電話や本、目覚まし時計などの置き場所になります。また、棚の付いたヘッドボードの中には、ライトやコンセントなどが付いたものもあり、携帯電話の充電や読書をする時などに便利です。それらとは反対に、頭の前方に何も無いタイプを脚付きマットレスベッドといいます。

このタイプは、寝具としての存在感を抑えることができ、昼間はソファとして利用することも出来ます。次は、マットレスについてです。マットレスには、ボンネルコイルやポケットコイルなどの種類があります。ボンネルコイルは、複数あるスプリングコイルを1つに連結させたマットレスのことです。そのため、ボンネルコイルマットレス全体が1つの面になっており、和布団の寝心地に近い硬さがあります。このボンネルコイルマットレスは、一般的に多いマットレスとなっています。ポケットコイルは、複数あるスプリングコイルを1つずつ袋に入れて並べたマットレスのことです。そのため、マットレスにかかる力が分散されて、身体にフィットしやすくなっています。この他にもマットレスには、衝撃吸収素材を使った低反発マットレスなどもあります。ベッドの中には、その形状を変えて、背もたれのあるソファとして利用できるソファベッドもあります。このタイプのものは、特に、一人暮らしや狭い部屋などに適しています。ベッドは、直接店で購入することも出来ますが、インターネットで購入することも出来ます。どちらの方法で購入する場合でも、自分の身体に合ったサイズ、設置予定のスペースに合ったサイズのものを選ぶことが重要です。

また、サイズの大きな家具であるため、搬入経路の確保や、配送料、組み立て料なども考慮しておくことが大切です。このような基礎知識を押さえた上で、部屋の雰囲気に合ったデザインや素材のものを選ぶと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です